08/14/12

ナノバイオテクノロジー

ナノテクノロジーとバイオテクノロジーが融合した技術領域をナノバイオテクノロジーと呼ぶが、ナノは10億分の1、0.000 000 001倍の量を示す。【例】1ナノメートル = 0.000 000 001メートル、1ナノ秒 = 0.000 000 001秒。そして、ナノテクノロジー は、物質を原子や分子の大きさのナノの領域で制御する技術のことである。アメリカがナノテクノロジーを国家的戦略研究目標にしてから日本でも活発な科学技術研究分野と位置づけられるようになってきた。ナノテクノロジーの将来については様々な議論もされており、社会の利便性の向上につながることが期待される一方で、環境や人体への影響が懸念されている。そのひとつがバイオテクノロジーとの融合にもある。バイオテクノロジーは生物工学であり、遺伝子操作をする場合には遺伝子工学と呼ばれる。範囲は醸造や発酵の分野から医学や農作物の品種改良など範囲は広いが、金融市場でこれらの技術を取り扱う企業活動を説明する際に活用され一般に認知されはじめた。現在ではクローン技術や遺伝子組み換え作物などで倫理的な側面において多くの議論が必要とされている。このようなナノテクノロジーとバイオテクノロジーが融合した技術領域をナノバイオテクノロジーと呼ぶが新しい技術分野となっており、医療分野や電子材料分野、さらには環境汚染分野などで研究が進められている。

10/16/12

横浜の眼科

眼の健康でお悩みの方に横浜の眼科を勧めました。散歩には気持ちの良い季節、横浜みなとみらいは展望ビルもあって眺めがよく、遠くを眺めるのは眼のためにもいい。
それにしても横浜も随分景色が変わったものだ。横浜を舞台にした名曲もいくつかあるものの、今では本当に懐かしい。
今でも昔からのバーや洋食店が残っていたりするので、そういった店を巡ってみるのも楽しいかもしれない。昔横浜で青春を過ごした人にとっては感慨深いものがあるだろう。
Continue reading

10/7/12

農業経営について

ニュースをみて農業経営は国内で転換期を迎えているのではないかと感じた。リンク先のユーチューブの動画は記者会見の模様である。この日本農業経営大学校はアグリフューチャージャパンが農業経営者の育成を目的に設立する学校だ。農業に携わる優秀な若い経営者を育成すべきである。TPPなどの貿易に関する国際的な新しい秩序が生まれようとしている中で、これまで農業については内需によってまもられてきたが、これからは海外での活躍をおこなっていかなければ日本の農業は大きな打撃を受けかねない。これは、発電などのエネルギー産業と同じように私たちの生活のインフラであるため、有能な経営者と国際競争に勝つ優れた組織を作らなければならない。 Continue reading

09/19/12

老眼の治療技術

人間が様々な認知の上で重要なものが視力であるが、加齢とともに多くの方が老眼になる。ナノは小さい単位だが小さいものを見るためにはより近づく必要がある。老眼はこの近くのものを見るための焦点をあわせる機能が老化とともに衰えてしまうのだ。最近ではこれらの老眼治療もかなりのレベルで治療ができる技術が進化している。以前は円錐角膜の治療やレーシックなどの強度近視の治療のことを聞いた時にも感心したが、老眼の治療方法も素晴らしい技術革新があって進化したものだろう。リンク先の横浜のクリニックのホームページで、それらの老眼の治療についての技術や目的に合わせた治療方法などが紹介されている。老視を改善したと思う人のニーズに合わせた治療方法がこれほどまで多様化していることがよく分かる内容になっている。 Continue reading